紫外線の影響でも毛穴は黒くなる!

黒ずみ毛穴の原因とは?と聞かれると多くの方が皮脂、角質、角栓が原因だと言います。


確かにそれも間違いではないのですが、実は紫外線の影響によっても毛穴を黒くなるのです。洗顔や化粧品を毛穴用にしてもメラニンによる色素沈着で毛穴が黒くなっているケースでは毛穴化粧品よりも美白効果もある化粧品を使うことが効果的な場合があります。


特に外出する際にUVケアをしっかりと行わないと紫外線の影響をモロにうけてメラニン毛穴を作るケースが多いです。


また紫外線を受けると体内では活性酸素が発生。


これがメラニンを生成したり肌老化を加速させてしまう原因にもなります。外出する際には必ずUVケアをすることが大切です。


このUVケアですが、若い内からやっておくと年齢を重ねてもシミ、黒ずみができにくい肌にすることができます。逆に若い内に日焼けなどをしてしっかりとケアをしていないと30代~40代になると若い時の日焼けによる肌ダメージが表面化されてきます。


紫外線による影響を抑えることができるビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は紫外線対策にも良い効果を与えてくれます。


こちらの記事では皮脂分泌について説明しましたが、万能的な美容成分であるビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑えて肌が黒くなる予防をする美容成分でもあります。


美肌を保つなら1本は持っておきたい化粧水になりますのでキレイな肌、毛穴をいつまでも維持したい方は必ずビタミンC誘導体はチェックするようにしましょう。