毛穴の黒ずみ除去に行いたい洗顔テクニック&洗顔選び

毛穴汚れ、詰まりの予防にするには洗顔スキンケアも大事な着目点です。化粧品を使ってもいくら毛穴汚れがなくならない、改善の見込みがないといった場合には洗顔の方法や洗顔料を見なおしてみることも大切。

洗顔にも色々な種類がありますので適当に選ぶだけではきっちりした毛穴汚れを落とせません。毛穴汚れを落とす洗顔テクニックと選び方を見ていきましょう。

毛穴を開かせてから洗顔を行う

毛穴汚れを洗顔で効果的に落とすのであればまずは毛穴を開かせてあげることが大切。同時に毛穴を温めることで詰まっている皮脂、角質を柔軟にして洗い流しやすくなるといったメリットもあります。

毛穴を開かせる方法としては蒸しタオルを使う。もしくは湯船に使っている間の蒸気によって毛穴を開かせることができます。後者は夜の洗顔では良いでしょう。お風呂に使っている間に自然と毛穴が開いてきますので、湯船をでてから洗顔をすれば良いのです。逆にお風呂では洗顔をしないといった方には蒸しタオルを使った毛穴開き方法がオススメ。

蒸しタオルを数秒間、顔に乗せていると温かさと蒸気で毛穴が開きます。それからクレンジングを行ったり、洗顔をするようにしましょう。これでいつも以上に毛穴汚れを落としやすい土台の完成です。

毛穴汚れを落とす洗顔選びのポイント

汚れを落とす場合に注目したいのが洗浄力と吸着力です。 あとは泡立ちが優れた洗顔を選ぶのが基本条件となります。洗顔で保湿効果の高い洗顔を選ぶ人がいますが、洗浄力が弱く余分な皮脂を取り除くことが良くできていません。乾燥性敏感肌などの過敏な方以外はあまり洗顔の保湿効果にこだわる必要はありませんね。

泥洗顔と酵素洗顔は吸着力、洗浄力に優れている洗顔で毛穴汚れ落としにはピッタリの洗顔料です。加えて泡立ち豊富で天然成分なので肌への負担がとても少ないです。洗顔料の見直しをする時の候補にはこの2種類を前提にして選んでみると良いと思います。毛穴汚れを落とすことで化粧品の浸透率もあげることができるので一石二鳥ですよ(^◇^)