皮脂を抑えることにも役立つビタミンC誘導体

毛穴トラブルは多方面に及びます。黒ずみ毛穴を作る一つの原因に皮脂腺から分泌される油分である皮脂があります。皮脂は角質と混ざり合って角栓と呼ばれる老廃物を作ります。また皮脂が毛穴に詰まることでアクネ菌の住みつきやすい場所となり、ニキビを作る原因にもなっています。

そこでビタミンC誘導体の出番になります。ビタミンC誘導体には皮脂を抑えるといった働きがあります。皮脂を抑えることで毛穴に詰まることを予防することができますし、肌に必要な分だけ分泌されてくれるようになれば肌状態も改善されてきます。

もう一つ。ビタミンCには肌のコラーゲンを増やすといった働きもあり、年齢肌になると目立ってくる毛穴開きの予防にも。

ビタミンC誘導体の成分表示は「リン酸アスコルビル」「バルミチン酸アスコルビル3Na」といった表記になります。中にもアプレシエと呼ばれる高浸透型のビタミンCを配合している化粧品もありますので、化粧品を選ぶ際には成分表記にも注目をしておきましょう。イオン導入を行うとより浸透して効果的ですが、難しい場合は最初からAPPS(アプレシエ)を採用している化粧品を使うのが最適。

もしくはエステサロンでもイオン導入としてビタミンCを活用したフェイシャルケアが可能となっています。金額もリーズナブルなので月に2回~3回程度、スペシャルケアとしてエステに通うことも有効となります。

またビタミンC以外にもレチノール化粧品は同じような効果を発揮してくれる化粧品です。ただしビタミンCよりも若干、刺激が強いといったデメリットがあります。自分の肌が脂性肌、普通肌といった方にはレチノールも有効です。それ以外の混合肌、乾燥肌、敏感肌といった方はビタミンC誘導体の方が刺激が少なくてオススメですよ。