黒ずみ毛穴を美白に導くビタミンC誘導体化粧品

毛穴美白ができる化粧品を特集

30代、40代になってくると毛穴の黒ずみに悩んでいませんか?

実際に私も黒ずみ毛穴には悩まされました。若い時の日焼け、加齢による肌の老化など色々なダメージが蓄積されて30代以降になってくるとドンドンと表面化されてきてしまうようです。

そこで毛穴の美白をしてくれる化粧品を調べたところ、ビタミンC誘導体が様々な肌のトラブルに働きかけてくれることがわかりました。いくつか化粧品を試してみて実際に毛穴の美白効果を実感できた化粧品を3つに絞って厳選します。あまりたくさんあっても迷ってしまいますし、コレだ!と思える1本に出会えれば後は使い続けるだけ。黒ずんだ毛穴に悩んでいたら参考にしてみてください。


また毛穴詰まり解消洗顔料と一緒に併用することで皮脂、角栓等の詰まりも抑えることができて、より毛穴をキレイにすることもできます。ビタミンC誘導体を使う場合にはブースター効果もあるような洗浄力のある洗顔を選ぶのも効果を最大限に引き出す秘訣でもあります。


毛穴を美白して引き締める!ビタミンC誘導体ベスト3

サイクルプラス
浸透率の高いビタミンC誘導体

一般的なビタミンC誘導体を角層深くまで浸透させようとするとイオン導入器を活用しないと浸透率が悪いとされています。しかしサイクルプラスは高浸透型のビタミンC誘導体であるAPPSを採用。水溶性タイプよりも約100倍近い浸透率を誇るとされています。イオン導入をしても約20倍の浸透力ですのでこの差はデイリーケアに使う分にはものすごい差となって現れてきます。

角層深くの真皮までビタミンCが到達することによってコラーゲン細胞を増殖させて、メラニンの抑制もしてくれるのが誘導体の働きです。黒ずんだ毛穴に即効性のある有効成分を届けてくれるサイクルプラスはビタミンC化粧品の中でもかなり優秀な商品。補助成分として配合されているのもヒアルロン酸4種、6つの美容成分となっており、化粧水だけでも潤いを与えてくれるくらいです。

刺激も少なく、値段もリーズナブル。ビタミンC誘導体化粧品を使うなら間違いなく一番だと思いますね。

ビーグレン
大人の黒ずみ毛穴に特化した化粧品ライン

化粧品を見つめなおしてマルッと変更したい場合にはビーグレンの毛穴対策セットがオススメです。洗顔~モイスチャーゲルにかけてもまで4ステップを得て大人の黒ずみ毛穴、たるみ毛穴といったトラブルに対応してくれます。もちろん高濃度なピュアビタミンCを高配合しており、肌の酸化を防いで内側からしっかりと肌を引き締めていきます。ビーグレンシリーズも有効成分を肌深くまで浸透させることに優れた化粧品。

その秘密は独自テクノロジーであるキューソームといった有効成分を微小カプセルに届けることに成功した化粧品だからこそ。このカプセルは皮脂に近いカプセルとなっており肌に負担や違和感を与えずに角層深くまで届いてくれます。このシリーズなら毛穴だけでなくエイジングケアもでき、お肌に潤いとハリ、弾力を与えて透明感がありながらキメも細かい20代の頃のような素肌を作りあげていくことができる化粧品となっています。

プリモディーネ
アプレシエを採用して毛穴の引き締め&美白抜群

サイクルプラスと同じくAPPS(アプレシエ)を採用している化粧品がプリモディーネのビタミンCシリーズ。APPS+水溶性タイプビタミンC誘導体を使っており、バランスの良い配合率で角層深くの真皮まで届けて肌の美白、ハリを修復していきます。化粧水となっていますが、使い心地はまるで美容液のようなしっとり感。

毛穴の美白、シミ、ニキビにも働きかけてくる万能な化粧品なので肌トラブルを選ばないのが魅力的な一品でもあります。ビタミンCには活性酸素を抑える働きもあり、年齢肌になると毛穴の黒ずみからシミに発展するケースも少なくありません。しかし、従来のビタミンCでは根本的な解決にいたる真皮まで浸透力が弱かったのに対してアプレシエは高浸透して肌老化の原因にアプローチしてくれます。コラーゲンも増えて毛穴も引き締まり美白。プリモディーネも使い勝手の良いビタミンC誘導体化粧品としてオススメです☆彡

ビタミンC誘導体化粧品を使うならAPPS(アプレシエ)

ビタミンC誘導体にもいくつかの種類があります。一昔前であれば水溶性、油溶性といった2種類がメインでした。この2つ実はメリット&デメリットがあるビタミンCです。簡単に説明すると水溶性タイプは即効性はあるけど刺激が強い。油溶性タイプは効果がでるまで時間がかかるけど肌に滞在する時間が長いといった一長一短のある2種類です。

しかし、今はこの2つの良いトコ取りをしたAPPS(アプレシエ)といった新型ビタミンCができました。しかも浸透力が従来よりも100倍以上なのです。APPSできたことによって、わざわざ機能性に難がある水溶性、油溶性を使う必要はありません。

まずビタミンC誘導体化粧品を使う上では種類がAPPSなのか?を判断して選んで上げると良いです。あとは補助成分をチェックしましょう。毛穴ケアには保湿成分も大切。セラミド、ヒアルロン酸といった水分を長時間保持する成分が含んであることが条件となります。この辺りをチェックしてクリアしていれば合格ライン。当サイトでは紹介しているものはこの条件を満たしています。

黒ずみ毛穴の正体は2種類があります。皮脂、角質によってできた角栓が酸化した状態。もう一つが紫外線の影響によって活性酸素が発生して毛穴の奥にあるメラニン色素が変色した場合です。どちらの黒ずみ毛穴に対しても効果があるのがビタミンC誘導体を含んだ化粧品です。ビタミンCには角質を和らげる。皮脂を抑える。メラニンを抑えるといった働きがあります。そしてメラニンを抑えることによって美白肌に導いてくれます。日焼けした真っ黒になった肌もビタミンC化粧品を使ったことで3ヶ月~半年で考えらないような美白になった知人もいます。特に30代、40代になってくると若い頃に無茶をして蓄積された肌ダメージが表面化されてきます。ビタミンC誘導体であれば真皮に浸透することで細胞の働きも活発にして弾力を修復する力もあります。つまり年齢を重ねた肌に対してあらゆる効果を発揮してくれるのが魅力的なのです。そんなビタミンCを高配合した浸透性の高い化粧品を厳選していますのでぜひ、チェックしてみてください。

ちなみに男のニキビ洗顔料サイトも運営していますので彼氏などの肌がニキビでボロボロの場合には覗いてみてください☆彡